和式から洋式へトイレの全面リフォーム(埼玉県川口市)

概要

和式のトイレを洋式に全面リフォームした事例です。埼玉県川口市のお宅です。施主様のご家族が骨折したことから、従来の和式のトイレでは使い勝手が悪いということで、洋式にリフォームすることになりました。トイレの全面リフォームだったため、工事には4日かかっています。

リフォーム前

リフォーム前のトイレは、昔ながら和式のトイレでした。和式のトイレに便座を後付し、座れるようにしていますが、高さが十分でなく、座りにくいものとなっています。
リフォーム前のトイレ。和式に無理やり便座を付けたタイプとなっており不便であった。
床もタイル張りとなっています。築30~40年ということで、壁、床タイルともに汚れが目立つようになっていました。床にはマットが敷いてあります。床がタイルのため、冬場が寒いということかもしれません。

特に、匂いがあったり詰まったりするようなことはありませんでしたが、施主様がリフォームに踏切ました。

リフォーム後

壁・床・天井全てを張り替えました。床はベニヤの上げ床でしたが、全て解体しました。また、和式用の配管は洋式に適合しないため、全て配管をしなおしました。

リフォーム後のトイレ。壁、床、便器全てを交換しており、清潔感のあるトイレとなった。

ライトはLEDとし、明るくなっています。便器自体は節水型となっており、多くなりがちなトイレの使用水量を減らすことが期待できます。

手すりについては、施主様のご家族が入院中のため、どのような動作ができるかわからず、後日設置する予定となっています。

>>弊社のトイレリフォームの特徴やお客様の声・価格はこちら

おすすめの記事